前家賃
[マエヤチン]
賃貸借契約を結ぶ際に、借主から貸主に対して、入居する月の家賃を先に支払うこと
月の途中で入居する場合は、日割り計算による支払いとなる。
間取り[マドリ] 部屋数や台所、食堂、居間があるかどうかを、
例えば3LDKのように数字(部屋数)とアルファベット(用途別の部屋の頭文字)でわかりやすく表記したもの。
間取り図では、部屋の配置図に加え、部屋の広さや洋室か和室かなどもわかるようになっている。
(関連)DK/LDK/サービスルーム/納戸
マンション
[マンション]
一般に、鉄筋コンクリート造(RC)または鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)の集合住宅のこと。
アパートと比べて家賃が高いが、断熱性、防音性、耐震性にすぐれているものが多い。
重量鉄骨造の集合住宅もマンションと呼ばれることがある。
(関連)鉄筋コンクリート造/鉄骨鉄筋コンクリート造/アパート
メゾネット
[メゾネット]
アパートやマンションなどの共同住宅で、
1戸が上下2階にわたり内階段で結ばれているものをメゾネットという。
上階の足音や下の階に足音が響く問題を軽減し、一戸建てに近い空間を作ることができる。
 
  
木造[モクゾウ] 主要な材料に木材を用いた構造のこと。通気性が良いが、断熱性、遮音性、耐火性に劣る。
 
  
床暖房
[ユカダンボウ]
床下に温水循環設備や電気ヒーターを埋め込む暖房システムのこと。
足元から温めるため室内の温度差が小さく、室内の空気を汚さない。
UB[ユニットバス] 一般には浴槽と床、壁、天井が一体になった浴室のことをいうが、
賃貸では、バスとトイレが一体になったものをさす。
省スペースのメリットがあり、欧米などでは一般的だが、日本ではあまり人気がない。
 
  
浴室暖房乾燥機能
[ヨクシツダンボウカンソウキノウ]
浴室天井に付いたファンで、浴室を暖めたり乾燥させる装置のこと。
天候に関係なく、浴室内で洗濯した衣類が干せるメリットがある。
 
  
ラジエートヒーター
[ラジエートヒーター]
ニクロム線を発熱させた放射熱によって加熱するタイプのクッキングヒーターのこと。
熱の発生までにやや時間がかかり、消した後も余熱が残るが、
IHにくらべ調理器具を選ばないというメリットもある。
 
  
ルームシェアリング
[ルームシェアリング]
賃貸物件などで経済的負担を軽くするため、もしくは空いている部屋を有効利用するために、
家族以外の人と同じところに住み、共同生活をすること。
欧米では一般的な生活スタイルのひとつ。
 
  
礼金[レイキン] 賃貸借契約を結ぶ際に、借主から貸主に対して支払われるお金のこと。
敷金と異なり、返還されることはない。
一般に家賃の何か月分かで表示し、無料のものから2ヶ月以上取るのものまでさまざま。
中には礼金を不動産会社の広告料として自社の収入としてしまう所もあり、
同じ物件の同じ部屋でも、不動産会社によって多く取られるケースがある。
礼金はもともと関東方面だけの風習で、関西方面では礼金という考え方自体がないことが多い。
(関連)敷金/仲介手数料
連帯保証人
[レンタイホショウニン]
借主の家賃滞納などの場合に、借主と連帯して責任を負う人のこと。
連帯保証人は借主とまったく同じ義務を負うことになり、
貸主はどちらに請求しても構わないとされる。
ほとんどの賃貸借契約で必要になることが多い。
連帯保証人の資格として返済能力が求められ、法人がなることもできる。
世界でも稀な日本独自の制度である。
 
  
ロフト[ロフト] 屋根裏のことで、天井近くに設置された物置などに利用できる空間のこと。
間取りには含まれないが、人気があり、収納スペース以外の利用も可能な場合が多い。
 
  
ワンルーム
[ワンルーム]
生活に必要な設備を備えつつも、部屋が1つの物件のこと。
間取りでは1R(ワンルーム)と表記することがある。
広くても、あえて部屋を区切らずに、そのまま空間を有効利用できる広めのワンルームは、
テレビドラマなどでも多く使用され、若者に人気がある。
一般に一人暮らしのための部屋としての意味に使うことが多い。