内容証明郵便
[ナイヨウショウメイユウビン]
差出人が送った手紙の内容を郵便局が保存し、
確かに送ったということを公的に証明するための郵便制度のこと。
法的手段を実行するときなどに使用されることが多いので、
この手紙の取り扱いには注意が必要。
納戸[ナンド] 窓の大きさが一定水準以下の部屋は、建築基準法上は居室として認められない。
このため、納戸やサービスルームと呼ぶ。
間取りの場合は「S」と書き、「○LDK+S」という形で表記することが多い。(関連)サービスルーム
 
  
入居審査
[ニュウキョシンサ]
賃貸借契約を結ぶにあたって、借主と保証人に家賃の支払能力があるか、
他の賃貸物件で滞納暦はないか、入居後にトラブルが起こる危険性はないか、
など独自に定められた項目について適性を審査すること。
 
  
延べ床面積
[ノベユカメンセキ]
建物の各階の床面積の合計のこと。
 
  
媒介[バイカイ] 賃貸では、貸主と借主の間に立って、両者の契約を成立させる手伝いをすること。
仲介ともいう。(関連)仲介/一般媒介契約/専任媒介契約/専属専任媒介契約
PS[パイプスペース] 上下水道管を収納したスペースのこと。間取り図上にパイプスペースを略してPSと表記される。
また、このスペースに電気、ガス、水道のメーターがある場合は、MBPSと表記されることがある。
幅木、巾木
[ハバキ]
部屋の壁で、床に接する部分から数センチ上までの間隔に張りめぐらされた部材のこと。
壁と床の間に置くことで、納まり具合をよく見せる。

一般に接着剤で張ってあることが多く、はがれた場合も簡単に張り直すことができる。
パラボラアンテナ
[パラボラアンテナ]
人工衛生からさまざまな情報を受信するためのアンテナのこと。
アパートやマンションなどの共同住宅でも、ベランダに設置して利用することができるが、
事前に大家か管理会社に設置の確認が必要であることが多い。
また、建物によっては共用のパラボラアンテナが設置されていて、
各部屋で利用できるようになっているものもある。
 
  
光ファイバー
[ヒカリファイバー]
光を通す通信ケーブルのこと。
専用の光ケーブルを利用することで、ADSLよりも高速で大容量の情報通信が可能となる。
アパートやマンションでも利用できることが多い。(関連)ADSL
 
  
吹抜け[フキヌケ] 建物の中で、上階部分がなく複層にまたがる空間のこと。
開放的な空間を演出できる反面、冷暖房効率が悪くなることが多い。
ブローカー
[ブローカー]
有価証券や不動産の売買を仲介する人のこと。自分で買ってから転売する人をディーラーという。
フローリング
[フローリング]
木板などによる床材のこと。
畳やカーペットに比べて掃除がしやすく、ダニなどの心配がないなどの利点がある。
また、痛みにくいため退去時の補修が発生することがとても少なく、人気がある。
 
  
ペアガラス
[ペアガラス]
ガラスを二重にしたサッシのこと。遮音性や断熱性を高める効果がる。
ペット保証金
[ペットホショウキン]
ペットを飼うときに貸主に支払うお金のこと。
退去時の補修やクリーニングや防臭処理に使われることが多い。
ベランダ
[ベランダ]
建物の外壁から張り出している屋外スペースのこと。バルコニーとの違いは、屋根があること。
 
  
ポーチ[ポーチ] ひさしが付いて玄関から張り出した部分のこと。
防水パン
[ボウスイパン]
洗濯機を置くための、四角いトレイ状の防水構造を持った台のこと。
主に樹脂製で、洗濯機の排水ホースの接続口があり、
トラップにより排水管からの臭気を防ぐ構造になっている。
それぞれサイズが異なるので、目的の洗濯機が設置できるか確認を要する。
洗濯パンや洗濯機パンともいう。(関連)トラップ
保証金[ホショウキン] 店舗や貸事務所などの賃貸借契約を結ぶ際に、借主から貸主に対して、
家賃の滞納や退去時の現状回復に必要な修理費など、不測の事態に備えて支払われる金銭のこと。
敷金と異なり償却について定められていることがあり、保証金の一部が償却により失われた場合、
補填する必要がある場合がある。
契約満了もしくは解約による契約終了時には、償却分を差し引いた保証金残金の清算額が、
プラスなら借り主に返還され、マイナスなら不足分を支払うことになる。
また、敷金と同じ意味で使われることがある。(関連)権利金/礼金/ 敷金/仲介手数料
保証人[ホショウニン] →連帯保証人
保証会社
[ホショウガイシャ]
連帯保証人を立てられない入居者に対して、または連帯保証人の保証能力を補う目的で、
一定の保証金を支払うことで家賃の滞納があった場合に、
入居者に代わって家賃を大家に支払う会社。
その後、保証会社から滞納入居者に対して督促が行われる。(関連)連帯保証人